Excel業務改善ツール >> xoBlos

スマートSAVE

マイナンバー対策の現状

多くの企業で採用されているExcelは業務の上で必要不可欠なソフトウェアです。案件情報から、顧客管理、見積書、タスク表、表計算、集計業務、販売計画から予実管理など、様々な場面で手軽に活用しているツールといえます。この活用の幅の広さが、逆に業務・実務担当者を苦しませているといった問題も発生しています。「管理者側と運用側とで使用しているテンプレートやフォーマットが異なっていることにより、手作業での時間をかけての集計業務が発生。」、「Excelに詳しい担当者が作成した非常に便利なマクロシートがあるが、作成した担当者が退職した後はメンテナンスが行えない。」など、最終的にコピー・ペースト、二重入力、手作業での分解や収集による長時間業務によって回避しなければならないといった、Excelが日々の業務で抱えている課題を解決することが業務効率化の第一歩です。

製品概要

xoBlos(ゾブロス)とは、専用のプログラム開発を行わず、企業内に存在する煩雑なExcel業務(データ集計・加工・入力)の効率化・自動化を図るソリューションです。実務担当者の負担軽減、人的コスト削減の他、経営判断の為の情報を迅速かつ正確な形で出力を行いますので、スピード経営を大幅にサポート致します。

主な機能

抽出機能

Excel表、CSVファイル、XML形式、RDB方式など様々なシステムからデータの情報を抽出し、統一したxml形式で取り込みを行う事が可能です。

自動生成機能

抽出したxmlデータを作成したいフォーマットへ自動生成が行えます。(Excel帳票作成)
帳票の作成時にExcelのセルに設定された数式をそのままご利用いただく事も可能ですのでご利用環境に合わせた運用も可能です。

差分抽出機能

複数のExcel表を比較し、追加・削除項目や変更項目などの差分を色分けし、見やすく差分帳票を作成可能です。

制御シートの作成

抽出条件の設定や出力項目の設定は制御シート(Excelシート)にて実行します。
導入後のシステム修正などは手間とコストがかかるイメージですが、xoBlosでは、制御シートの作成のみですので、自在に設定変更が可能です。(※操作講習会も実施しておりますのでご安心下さい)

導入のメリット

正確性の向上

二重入力やコピー、集計や比較業務など、大量データの加工による人的ミスをxoBlosによるシステム化・自動化によって防止します。

作業効率性・生産性向上

これまでの煩雑なExcel業務を大幅に改善します。従来の作業にかかる時間や人的リソースを軽減できますので業務改善の他、生産性の向上にも効果を発揮します。

運用負荷の軽減

xoBlosは、形式の異なる帳票もそのまま活用が可能です。既存の帳票の加工や修正など、業務フローを変更する必要がありませんので導入時の運用の負荷も大きくありません。

xoBlosの業務改善・効率化例(運用事例)

準備中

製品仕様

実行できる機能 ◇抽出データの作成(Excel、CTV、TSV、XML、RDBから抽出可能)
◇抽出データから生成(Excel、CSV、TSV)
◇XSLTによるデータ変換
◇抽出データの並び替え/比較/編集
◇ファイルのコピー/削除
◇条件判定と待機
◇外部プログラム実行
◇定義済業務の実行
読み込みできるExcelファイルの形式 ◇拡張子 xls(97-2003ブック)
◇xlsx(2007以降ブック)
◇xlsm(2007以降マクロ付きブック)
◇xlsb(2007以降バイナリブック)
出力対象とできるExcelファイルの形式 ◇拡張子 xls(97-2003ブック)
◇xlsx(2007以降ブック)
◇xlsm(2007以降マクロ付きブック)
◇xlsb(2007以降バイナリブック)

動作環境

CPU Core 2 Duo 2.0GHz以上推奨
メモリ 2.0GB以上推奨
HDD等 本体に100MB以上の空き容量(データ格納の為の領域は別途必要)
OS ◇Windows Vista SP1 以降(32/64bit) ※
◇Windows 7(32/64bit) ※
Microsoft Excel 日本語版のExcel 2003、Excel 2007、Excel 2010(32/64bit ※64bitが使用可能なのはVista SP1 64bit 以降)
RDBMS RDBから抽出データを作成する機能を使用するには、DBMSと接続する為の.NET Data Provider(各DBMSベンダから提供)が導入されている必要があります。

※いずれも日本語版です。
※.NET Framework 3.5が必要です。Vistaの場合はWindowsUpdateから入手可能です。
 7の場合はOSに付属しています。

製品価格

製品価格については、弊社までお問い合わせ下さい。

製品サポート

サポート定義

お求め頂きましたお客様へ製品保守サービスがございます。
テクニカルサポートの他、バージョンアップサービスのご提供が含まれます。

テックリンクサポート窓口(受付時間:平日10:00〜12:00、13:00〜17:00)

電話番号:03-5711-3357(直通) お問合せメールアドレス:support@teclink.co.jp

FAQ

製品ご購入前、ご購入後、製品デモ依頼、評価機等のご相談を承ります。
お気軽にお問い合わせ下さい。

このページのトップへ戻る