デジタルマーケティング事業 >> サイネージソリューション >> DIGIBOARD

  • 概要
  • 機能
  • 選ばれる理由
  • 事例

DIGIBOARD(デジボード)は、デジタルサイネージの コンテンツ制作・保存・スケジュール登録までの一連の作業を タブレットやスマートフォンでコントロールが可能なサイネージ システムです。スタンドアロン型での運用が可能なだけでなく、 直感的にその場でリアルタイムに更新が行えるシステムの 為、的確かつ継続的な情報配信といったサイネージの特性を 十分に活かせます。

■豊富なスライドテンプレート

DIGIBOARDには様々なテンプレートがプリインストールされています。 画像のみ、動画のみ、画像と動画を組み合わせたテンプレート、テキスト 入力が可能なテンプレートなど、配信するコンテンツ内容やアピールの 方法に合わせ自由な選択が可能です。

■直管的なスライド作成

選択したテンプレート内に、画像の挿入やテキスト入力など、日頃の タブレット操作と同様にタッチ操作で選択、作成が可能です。その場で 撮影した画像や動画も挿入できるのでリアルタイムにスライドの作成が 行えるのもDIGIBOARDの特長の一つです。

■作成したスライドのアップロード

タブレットやスマートフォンなどの管理用端末で作成したスライドは、 Wi-Fi接続でDIGIBOARDへアップロードが行えます。コンテンツ データの保存されたUSB入替による配信内容変更といった従来の 簡単に運用できるサイネージに代表される操作方法では困難であった 作業の行いにくい設置環境(手の届きにくい設置位置、人目につきやすい 設置場所=入口付近等)への設置時にも効果を発揮します。

■独自のプレイリスト作成

作成したスライドの再生時間や再生順序などの組み合わせの他、 動画の挿入できるスライドを選択している場合は、動画コンテンツの 当て込みを行い、オリジナルの番組(プレイリスト)を作成できます。

■スケジュール登録

作成したプレイリストを曜日・時間帯に合わせてスケジュール登録が 行えます。営業終了後等の深夜帯などはスリープモードに設定する事も 可能ですので省エネも図れます。

■Cloud配信サービス(オプション契約)

ネットワーク環境・専用のCloudサービスシステムを活用し、遠隔地から コンテンツの変更やスケジュール設定・モニタリングが行えます。 (Cloudサービスを利用し一度配信されたコンテンツは、通常の運用と 同様に、タブレット等の管理用端末から変更が行えます。)

システム構成

サイネージプレーヤー(STB)仕様

品名 DIGIBOARD(デジボード)
筐体イメージ
接続端子 HDMI映像・音声出力端子×1
解像度 1920x1080
ディスプレイモード 縦・横対応
Network 10/100Mbps RJ45 Ethernet port×1
Wireless Network 802.11 b/g/n
Size 100x105x27mm(WxDxH)
付属品 ACアダプター、HDMIケーブル、USBメモリ

コストの削減

ユーザー自身でサイネージのコンテンツ作成が簡単に行える点がDIGIBOARDの魅力です。 これまで外注していた広告コストが大幅に削減ができます。

プロモーションの強化

デジタルサイネージの効果的な利用方法は、特定の時間帯に特定のターゲット向けの情報を 流せるといったことにあります。事前のスケジュール登録では予測しえなかった事態にも 早急に対応できるリアルタイム性を持ち合わせています。

スタンドアロンでの単体運用

プレーヤー本体と表示用のディスプレイをHDMIケーブルで接続し、電源を投入するだけの 非常にシンプルな導入スタイルです。ネットワーク接続は必須ではありませんので、手軽に デジタルサイネージを始められ、簡単に運用ができるサイネージシステムです。

事例
このページのトップへ戻る